凄すぎる!スーパーヒロイン危機一髪!! Vol.43 ナイトフィーバーV ミス★エクシード編 永沢まおみ – アダルトビデオ動画 –

ナイトフィーバーVの紅一点のミスエクシードは、爆弾のシグナルをキャッチし敵の戦闘員達と戦っていた。しかし、それは彼女を一人にするための罠だった。敵幹部と最強の怪人二匹に囲まれたミスエクシードは3対1の劣勢に追い込まれる。触手で首を絞められエネルギーを吸収され、弱った所を敵幹部に犯され憔悴したミスエクシードは電気処刑されてしまう。五人で一つのナイトフィーバー達に、新たなミスエクシードが登場するが、彼女もまた一人で戦いに挑む。何故にそんな無茶をするのか?[BAD and then HAPPY END]

★★★★★


SM大王


神の加護の下、矯正――教育という名の調教を行う学園。生贄の聖「マリ」は、転校生「ショーコ」によって窮地を救われ、我が身可愛さに基づいた一方的な友情(?)を育む。学園への反逆者――不良としての烙印を刻まれ、様々な凌辱を受けるヒロイン達。そんなある日、学園を監督する司教はマリに告げるのだった。不良のショーコを断罪し、信仰を誓わせられたなら、きっと救いは与えられるでしょう♪そして――
今日も正義のヒーロー達にやられる戦闘員達…。次々とやられる仲間達の姿を見て逃げ出す戦闘員。そして、その戦闘員を追いかけるリュウセイブルー。追い詰められる戦闘員の命は風前の灯…。リュウセイブルーは武器をかまえ攻撃を繰り出そうとする!…しかしその時、突如リュウセイブルーに直撃する稲光!悲鳴をあげ倒れるリュウセイブルー…。戦闘員はリュウセイブルーの生死を確認する。『し…死んでる…』助かった戦闘員はその場から立ち去ろうとする。しかし、その時脳裏に浮かぶのは今までの自分の境遇…。正義のヒーロー達からは追い立てられ、そして仲間達からはセクハラの毎日…。もし、自分が正義のヒロインになれたらどうなんだろう…と戦闘員は倒れているリュウセイブルーの腕から変身ブレスレットを奪うと思わず呟く…『チェンジ!リュウセイブルー!』冗談のつもりで発した言葉…しかし、意外にも彼の体は光に包まれリュウセイブルーへと変身する。そして、彼は他のリュウセイジャー達をうまく誤魔化し正義のヒロインとして生きていこうとする。そんなある日、偽リュウセイブルーの前に現れる敵怪人。彼は怪人を倒し、一人前の正義のヒロインになろうと挑む!しかし、偽者の彼が怪人に敵うはずもなく痛めつけられていく。そして、怪人の渾身の一撃が彼の顔面を襲う!その時リュウセイジャー達が彼を助けに来る。『コイツは俺たちがやる!ピンクはブルーを頼む!』対峙するレッドたちと敵怪人。その時『キャーーー!』叫ぶピンク!ブルーの介抱に来たピンクの目に入ったもの…それはブルーの破砕したマスクの中から見えている戦闘員のマスク。遂にばれてしまった戦闘員。彼はリュウセイジャーの基地へと連れて行かれ尋問を受ける。そして戦闘員は仲間を失ったリュウセイジャーによって…。(Toi Boxx)
新堂二貴太はエロゲーを含むアキバ文化をこよなく愛していました。どのくらいかと言うと、日本の首都を秋葉原と言い切るくらい。「人と異なる趣味を全開にして生きる、そこに人間の真価、素晴らしさがある」と言い切るスガタも、共通の趣味をもつ友人まひこによって、目撃されていました。そんな彼に憧れの娘が出来てしまいました。主人公は悩みます。主人公は考えます。それから、呟きました。「そうか…彼たちをアキバ系に染めてしまえばいいんだ…」憧れのヒロイン達を、アキバ色に染めあげることを自分の中のミッションコンプリートにする決心した主人公。今、彼の中で『アキバ系-恋の白兵戦』がスタートを切ろうとしていました。アキバ系の人達、そうでない人達、これから自分の進む道と考えてる人達もアキバ系の真実を知って下さい。そして、その心の琴線に触れてみて下さい。
凛々しくも逞しいセーラーフレア!そんなフレアに仕向けられたのは魔熊(人間)。怪人には怪人、人間には人間。魔熊は怪人に襲われた振りをしてセーラーフレアに助け出される。人間を信用したフレアは魔熊から差し出された下剤入りの水を飲んでしまう。そしてそこに現れたのは、フレアの敵メネシス!戦うフレアだが思うように体が動かなくなってしまう。そのまま囚われの身となったフレアの前に魔熊が現れ、腹痛に苦しむフレアをいたぶる。完全に抵抗できなくなったフレアの肛門に特性の液体を何度も何度もぶち込まれ、悶絶するフレア!!しかし、クレーンで腹部を刺激されると、我慢していた物が噴出してしまう!!ヒロインにあるまじき行為に勝利を確信するメネシス!![BAD END]
現在この国はアンガーの独裁体制に支配されており、国民はアンガーの恐怖政治に怯えきっていた。そうした中で我らがスーパーヒロイン、スパンデクサームーンエンジェルは民衆を解放すべく日夜戦いの日々を送っていた。ついにアンガーの中枢施設に潜入することに成功したムーンエンジェルだったが、神経ガスを吸わされ囚われの身となってしまう。徹底的にムチで打たれ、国家反逆罪及び国家侮辱罪で公開陵辱刑の判決が下る。インターネットをはじめとする全てのメディアにおいてSMハレンチショーを全世界に配信されてしまう。いやらしい緊縛を施され、放置され、それを撮影される。鉄製の三角木馬に跨がされ、舌を金属で挟まれ、素顔を晒され、いやらしいポーズにさせられる。変態性欲者のアンガーによるスパンキングの嵐。惨めでいやらしい姿を全世界に配信されていく…。
★★★★☆

AV動画フェチ



120センチオーバーの超乳2人が夢の共演!これぞダブルオー(Oカップ)ヘブン!奇跡のダブルOカップ美に迫られ興奮しっぱなし!超爆乳柔乳と母性感溢れる巨尻が魅力的な安岡たまき。天然超乳のガチムチボディを存分にお披露目するかおり。ダブルでムチムチ衣装でお客を接客し誘惑する。圧迫・手コキ・パイズリ・SEXの全てが極上極楽!超乳かおりの単独シーンでは覆面ヒロインが登場!エロ衣装で乳房をぶるんぶるん揺らしながら敵と戦う!肉弾ダンスは史上最高の撮れ高!かおりの身体を満喫!
風紀戦隊トレンジャーとは、都知事である仲根波兵が風俗店でボッたくりにあった事を逆恨みし、その復讐の為に結成された新世紀のニューヒーローだ!謎の五人の戦士は、一癖も二癖もあるうさん臭い連中ばかり…ヒロイン吉原レンジャーも何か訳あり…そんな五人が東京の風紀を守る為に正義の為に…?に戦うのだ!国際情報局は、トレンジャーを結成した都知事の汚職を調べていた…。そして、確かな証拠を掴む為にコードネームはダーティエンジェルこと後藤アヤに吉原レンジャーになりすまし内情を探る任務が下される。ボクトー工業の戦闘員を蹴散らす吉原レンジャーアヤは、ボクトー工業に侵入し真実を社長に話すが信じてもらえず、後ろから襲われ気絶してしまう…。そんな時、ボクトー工業の社長に倒産の知らせが入る…!?自棄を起した社長は従業員である元暴走族の少年達に吉原レンジャーアヤを犯す事を命令する。いたぶられ、舐めまくられる彼は間一髪のところで脱出するが、サイボーグボクトーZとの戦いに負け、また捕まってしまう。そしてボクトーZに犯されエナジーを吸い取られる。
【腹パンチ編】ブルーとグリーンは玉座に座るオデル大帝を追い詰める…しかし、オデル大帝は不敵に笑う。現れる捕らわれのイエロー。瀕死の重傷を負うイエローを助ける為にブルーとグリーンはオデル大帝の言い成りになるふりをし隙を窺う。【クリトリス責め編】拘束され体の自由を奪われたブルー。オデル大帝はブルーを辱めるかのように告げる…『ブルーよ、ここを仲間に弄くられたことはあるか』下腹部を触られ思わず腰が動いてしまうブルーはオデル大帝に反論する…『そんなことある訳ないじゃない!汚らわしい!』そこへ現れるグリーン…そして彼の手には…。【接吻編】捕まってしまったグリーン…そして、瀕死のイエローを助ける為ブルーはオデル大帝の言い成りになっていく。『俺に忠誠を誓うのだ!』正義の味方であるブルーに忠誠を誓わせようとするオデル大帝。正義のヒロインとして悪に忠誠を誓うことなどできないブルー。しかし、仲間の命を助ける為に苦汁の決断をしていくブルー。【御奉仕セックス編】仲間の命を守るため、敵に体を捧げていくブルー。肉棒を舐める事を強要され咽喉の奥まで頬張るブルー…咳き込みながらも肉棒を舐め奉仕していく。そして、自らの蜜壷へオデルの肉棒を招き入れていく。
ヒロイン陵辱シリーズ第四弾―その名は、『天響拳ゼントージャ』。地球を力で支配しようと企む、邪拳アークンドーに父・南原博士を殺されたモカは、父の開発した強化服ZETフォームを装着し、復讐に挑む。だが、他にもモカを付け狙う謎のが暗躍し…アークンドーの卑劣な罠と陵辱に耐え、戦え!ゼントージャ!!
捕えられ、スーツケースに入れられた仮面の騎士ルビーナイト。オリに入れられてオナニーをさせられたり、磔にされて銃口を向けられたり…目的はいかに?!誰にも邪魔されずに、ヒロインを独り占めしたいアナタへ。「ヒロインイメージファクトリー」シリーズ第40弾の登場です!!
GIGAの人気シリーズ「セーラー戦士」の総集編が遂に登場!!収録タイトル数5作品!セーラー戦士シリーズの中でも討伐にスポットを当てた作品が大集結!!肉体、精神共にボロボロにされていくセーラー戦士達の活躍をご堪能下さい!!~収録作品~【ヒロイン討伐02】【ヒロイン討伐07】【ヒロイン討伐08】【ヒロインボディーブロー5】【セーラートゥルーパーズ ドミネーション地獄】
★★★☆☆

オナニーくん








▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽